Tere!こんにちは。

バルト海の美しいコントラストは、世界の中でも、格別透明感があり
紫と緑のグラデーションがかったような色彩で見入ってしまいます。
ビーチカフェ両方を楽しみたい・ライターMayaです。
今回は、エストニアの首都Tallinn(タリン)にある「Pirita(ピリタ)地区 についてお伝えいたします。

Pirita(ピリタ)地区は、Tallinn(タリン)中心部から約6kmほどの場所位置しており、タリン市では最大である「ピリタビーチがあります。
繁忙期には、売店が多く並び、1日最大約30,000人リゾート客が訪れるスポットで、今年も地元家族ヨーロッパからの観光客などで賑わいました。

ピリタには絵画のように美しいヨットハーバー見所一つです。
「バルト海レガッタ」というボートレース毎年開催され、世界約20カ国以上から参加者が集まります。
1980年開催されたモスクワ・オリンピックには、この場所セーリング会場として使用され、現在当時建設されたヨットハーバー、ホテル、カジノ、レストラン、カフェなどが点在し、ヨットハーバーボートクルーザー停泊している風景圧巻景色です。

港町らしい開放的雰囲気が感じられ、バルト三国フィンランドヨーロッパ諸国からのバカンスを楽しむために観光客が訪れます。

ピリタのヨットハーバー

遊歩道は、タリンの人々の散策コース!

緑豊かなKadriorg(カドリオルグ)公園と、The Russalka Memorial(ルサルカメモリアル)モニュメントと呼ばれる追悼碑の間ぐらいから、Pirita Tee(ピリタテー)の道路が始まり、海沿いに約2kmの遊歩道が続きます。
地元の人々の人気お散歩スポットとなっており、特に夕方にはウォーキングサイクリングをしている人を沢山みかけるでしょう。
遮るものが何もなく、ゆっくりバルト海に浮かぶ夕日鑑賞でき、特にタリン旧市街に沈んでゆくオレンジ色夕日はまるで映画ているかのように、が動かされるひと時です。

ルサルカ像とは?

The Russalka Memorial(ルサルカメモリアル)モニュメントは、1902年エストニア彫刻家Amandus Adamson(アマンダス アダムソン)氏によって、フィンランド湾’ルサルカ’と呼ばれるロシア海軍を落とした人々を追悼するために建てられました。

高さ16メートル彫刻は、カドリオルグ宮殿からの遊歩道タリン湾合流する海沿いに設置されており、 このモニュメントは、花崗岩にある青銅天使を描いており、正教会十字架沈没船想定方向に向けています。

【引用:visit estonia


展望台から圧巻の景色を!歴史的なテレビ塔

森の中のテレビ塔

ピリタにはビーチだけでなく、15世紀前半設立されたピリタ修道院遺跡エストニア建築としては最も高いタリンテレビ塔がございます。
テレビ塔は、1980年に開催されたモスクワオリンピックで行われるレガッタイベントに向け、より良質な電信サービス提供する目的建設されました。
エストニア歴史を語るうえでも、独立回復を語るうえで欠かせない歴史に関わる場所であり、1991年8月20日午後ソ連のプスコフ空挺師団空挺部隊タリンに到着し、ソ連戦車独立運動鎮圧するために走り回り、ソ連の空挺部隊が通信チャンネル遮断する準備をしていたにも関わらず、エストニア志願兵テレビ塔を取り囲み、ソ軍に脅かされることはありませんでした。

神秘的な霧に包まれるテレビ塔


テレビ塔の高さは約314メートルとされており、360度パノラマ景色を楽しめる展望台21階にございます。
地上170メートルの高さから眺めるピリタビーチや北部の森林は圧巻の景色で、陸上からとはまた違ったエストニアの自然堪能できます。
展望台床面一部ガラス張りとなっていて、下をのぞくとスリル満点なので、高所恐怖症の方はご注意ください。

タリンのテレビ塔

いかがでしたでしょうか?
タリン市の中でも、ゆったりとリゾート気分を味わいたい時には、訪れて頂きたいのが「ピリタ地区」です。
タリン市中心部のバス停「Viru keskus(ヴィルケスクス)」乗車約15分「PIRITA(ピリタ)」下車、徒歩約6分でピリタビーチにとても簡単にアクセスできるため、是非カドリオルグ地区もあわせて、足を運んでみてくださいね。

今回は⁡ライターMayaがお送りいたしました。
最後までお読み頂きありがとうございました。


2022年8月27日 | 2022年8月31日

Tagged in:

, , ,

About the Author

Maya

Writer

ライターのMayaです。 世界中を旅をしても、最終的に帰ってくるのはエストニア。 趣味は、アート・建築・エストニアデザイン。 好きな食べ物は、寿司・ビリヤニ。 好きな飲み物は、マロウブルー、カラクチャイ。 好きなお菓子は、エストニアのKOHUKE。

View All Articles