Tere!皆様こんにちは。
エストニアは、約130万人小国ですが、ヨーロッパの中でも読書大国です。
大切な記念日、普段から友達家族を贈りあう文化があります。
エストニアの本屋さんでは、ついつい長居して、1日を過ごせてしまうライターのMayaです。

今回は、エストニア最大書店で1912年創業”Rahva Raamat(ラフヴァラーマット)“をお伝えいたします。


ようこそ!rahva raamatへ

エストニア人々は、誕生日入学卒業特別な日や記念日に加えて、日常的に、友人家族を贈る習慣文化根付いており、ヨーロッパの中でも、特に読書家の人が多いです。

Rahva Raamat(ラフヴァ ラーマット)は、1912年創業伝統を持つエストニア最大書店です。
創業者は、エストニアの出版社・書店のオーナーだったGustav Pihlakas(グスタヴ ピフラカス)氏で、現在、エストニアの8つの異なる都市12店舗を持っています。

書店名は、エストニア語由来しており、Rahva(ラフヴァ)には「人民・人・国民・国立などの複数意味を持ち、Raamat(ラーマット)“本”意味します。

この“Rahva”という言葉は、第二都市Tartu(タルトゥ)にある“eesti rahva muuseum(エエスティ ラフヴァ ムーセウム)”という「エストニア国立博物館」などにも使われていますね。

Viru keskus(ヴィル ケスクス)店について

約1年半にわたるリニューアル期間て、2022年London Book Fair(ロンドンブックフェア)より、世界最高書店受賞したのは、エストニア最大の書店である“Viru keskus(ヴィルケスクス)”ショッピングセンター内にあるRahva Raamatです。

ヴィルケスクス店は、2004年創業後、世界中の書店魅了する文学のランドマークに成長しました。

ファッション・デザインの本の代表的なセレクションや、特にフィクション系も多くのがあり、本に加えて、ゲームおもちゃ映画CDレコード雑貨など豊富品揃えがあります。
全世界雑貨が取り扱われており、定期的にディスプレイと取り扱い商品は変わるため、お好みの雑貨を見つけたら、お土産にもおすすめです!

インテリアデザインを手がけたのは、Mari Ots(マリオット)氏率いるUDDU建築・環境グラフィックは、デザインエージェンシーVelvet(ヴェルヴェット)によってられています。

London Book Fair(ロンドンブックフェア)の最高の書店における評価基準

  • 書店の雰囲気とスタイル
  • 革新性、創造性、顧客サービスのレベルと売り手の専門知識
  • 物理的な書店とデジタルの機会を組み合わせる能力


Rahva Raamatでは、既存しているものとモダンな家具の組み合わせやインテリアデザイン、伝統的な書店とデジタルの可能性とのバランスをとる魅力的な能力が際立っていたことが評価され、これらの特徴は、来訪者の話す言語や、興味、年齢に関係なく、素晴らしい文化的オアシス作成するために役立ちます。

カフェと雑貨が楽しめる落ち着いた店内

本屋で購入した書籍を、そのままカフェに行って読むのが好き…という方は必見
RahvaRaamatでは、カフェ併設されているため、片手休息することができます。
北欧デザイン最先端を行くエストニアデザインインテリア、明るい大きなのある開放的空間で、からのんびりとお過ごしください。

軽食アフタヌーンティーにぴったりなペストリーや、エストニアらしいKartulisalat(カルトゥリサラット/じゃがいものサラダ)、美味しくてヘルシーケーキタルト等のメニュー充実しています。

健康志向の方にぴったり“Avokaado tort(アヴォカード トルト/アヴォカドのケーキ)”“Astelpaju tort(アルテルパユ トルト/シーバックソーンのケーキ)”日本では見かけないユニークヘルシーなケーキがあるのも魅力的です。


歴史ある中世の旧市街に佇む風情のある書店

首都タリンにある5つRahva Raamat書店の中でも、歴史風情を感じられる建築外観を持っているのが、Vanalinna Rahva Raamat(ヴァナリンナ ラフヴァラーマット/旧市街にある書店)です。
可愛らしい二匹ウサギティーカップを持っているデザインが、書店目印で、2020年London Book Fair(ロンドンブックフェア)世界3大書店1つに選ばれており、タリン中心部のPärnu(パルヌ)通り10番にある堂々とした美しい家で、なんと100年以上営業されています!

Rahva Raamatへのアクセス方法

Rahva Raamatは、エストニア各地(タリンに5店舗、タルトゥPärnu(パルヌ)Viljandi(ヴィルヤンディ)Kuressaare(クレッサーレ)Narva(ナルヴァ)Rakvere(ラクヴェレ)Jõhvi(ユフヴィ)に各1店舗)にあります。

今回ご紹介したタリンのViru Keskus店へのアクセスは、トラム駅「Viru(ヴィル)」駅下車約2分/トロリーバス駅「Hobujaama(ホブヤーマ)」駅下車徒歩2分/バス停「A. Laikmaa(アーライクマー)」下車すぐです。

タリン旧市街からも、徒歩数分で、非常アクセスのよい場所に位置しているショッピングセンターですので、是非タリンに訪れた際にはを運んでみてください。

季節を問わず、快適に書籍と触れ合える本屋さん“Rahva Raamat”で、お気に入りの一冊を見つけてみて頂けたら幸いです。

今回は、ライターのMayaがお送りいたしました。
最後までお読み下さり、有難うございました。 


<Rahva raamat> 情報

営業時間
月曜日-日曜日: <9:00>~<21:00>

住所
Rahva Raamat Viru Keskus店
Viru Square 4/6 51004 Tallinn (Googleマップ)


ホームページ: Rahva Raamat | Books, E-books, E-readers, Movies, Music
Instagram: @rahva.raamat
Facebook: Rahva Raamat | Facebook

2022年8月1日 | 2022年8月8日

Tagged in:

, ,

About the Author

Maya

Writer

ライターのMayaです。 世界中を旅をしても、最終的に帰ってくるのはエストニア。 趣味は、アート・建築・エストニアデザイン。 好きな食べ物は、寿司・ビリヤニ。 好きな飲み物は、マロウブルー、カラクチャイ。 好きなお菓子は、エストニアのKOHUKE。

View All Articles