皆様こんにちは!

海の写真を撮ることが好きで真冬の夜に海に行ったら、寒くて凍え死にそうになってしまい軽く真冬の夜がトラウマな、ライターのREDです。

休日にぴったり!郊外にドライブ気分でゆっくりと過ごしていただける、海が一望できるエストニアの素敵なレストランNOA

毎日頑張っている自分へのご褒美にエストニアを旅行した際は、訪れることをオススメいたします。家族や友人、パートナーなど大切な人と時間を忘れて、至福の時を過ごすことができる素敵な空間です。


海辺のレストランで、タリン旧市街から車で海岸線沿いをテレビ塔方面に車で15分ほど向かいますと、左手バルト海の景観に馴染んだモダンな外観のレストランNOAが視界に入ってきます。

交通機関や車で行かなければならない距離ではありますが、距離も感じさせず、予約をしてでも行きたくなる素敵なレストランです。 

まず目を引くのが、美しい建築デザインとインテリア。何も知らず車で走っていても、思わず車を止めてしまいそうなほどおしゃれな建物です!

インテリアデザインを手がけたのはTarmo Piirmets氏。(Facebook)
エストニアでも有名なインテリアデザイナーです。

そして、全面ガラス張りの流線型のデザインを手がけたのは、所属する社員は少数精鋭ながら素晴らしい建築デザインを多数手がけているKamp arhitektid(HP)のPeeter Loo氏です。

このこだわりの設計はエストニア国内でも評価されており、2015年にはEstonian Architecture Awardを受賞しました。


晴れた日はランチがおすすめ!

木材とガラスのデザインは、北欧らしく暖かみがありますよね。ランチタイムに行けば、ガラス張りの開放感あふれる店内に明るい太陽の光が降り注ぎます

おしゃれな店内はもちろん、海の匂いを感じられるテラス席も魅力的です。

屋外のテラス席のほか、室内は一面ガラス張りの光溢れる自然光が、店内の北欧インテリアをさらに引き立たたせ、バルト海を一望出来る眺めからの食事は、この上ない贅沢な時間です。

ディナータイムに行けば、海の向こうにライトアップされた旧市街のシルエットを眺めながら食事を楽しむことができます。


夜も特別な空間に

店内の照明にもこだわっており、優雅で暖かみのある照明は、天井高まであるガラス窓から、夜空に輝く一面の星空が見えるように計算され、設計されているそうです。

まだお料理のお話はしていませんがこれだけで魅力的ですよね。

ですが、もちろん!それだけではなくNOAはお料理にもとてもこだわっています。


国内で認められたレストラン

NOAは、Tõnis Siigur氏が経営するSiigur Restaurantsグループ(HP)の5つのレストランのひとつです。

Siigur Restaurantsグループのレストランはそれぞれコンセプトがあり、その中でもNOAは

メニューやサービスなど、全てにおいて常に質(Quality)を追い求めること。

そしてクライアントでもゲストでもなく、フレンドとしてその質をカジュアルに提供すること。

というコンセプトです。

さらにNOAはホワイトガイド(White Guide)を毎年受賞しています。


ホワイトガイドとは?

北欧の厳選された素晴らしいレストランを評価しているガイドです。

レストランは100点満点で評価され、料理、飲み物、サービス、雰囲気のレベル、方向性、品質などが総合的にみられます。その評価に応じて上からGlobal MastersMastersVery FineFineRecommendとレベルが分けられています。

毎年800以上のレストランが匿名でテストされ、総合評価がレビューされます。その中でも、NOAはMasters Levelと評価されており、世界的にも認められている美食の最前線にあるレストランです。

ちなみにNOAには同じレストラン内にChef’s Hallというスペシャルな空間があり、そこはGlobal Masters Levelと評価されています。

いつか取り上げる予定ですので、お楽しみに…

Siigur Restaurantsグループの経営者でありシェフのTõnis Siigur氏は、何度もエストニアで最高のシェフに選ばれるだけではなく、25年以上のレストランビジネスの経験があります。

そんな世界中から認められているNOAですが、メニューなど気になりますよね。


気になるメニューは!?

そのような、世界中から認められているNOAですが、メニューがとても多彩で幅広いです。

まずはドリンク。
NOAで人気のドリンクは「モクテル」というノンアルコールのカクテルです。

斬新なキュウリのモクテル

こちらのカクテル、国際的な賞も受賞しており、海を見ながら美味しいカクテルを楽しむことができます。

もちろん、ワインやサイダー、クラフトビールなどを料理と合わせてレコメンドしてくれますので、幅広い選択肢から選ぶのを迷ってしまいます。

そして、お料理。

見た目がとても美しいですよね。

世界各国の料理からインスピレーションを受けているNOA。海を感じるシーフード料理はもちろん、お肉料理やフォーもございます。

自家製のパンとサーモンやお野菜たっぷりのお料理はとても美味しく、フォーは普段食べているものとは違い、洗練された盛り付けと地元でとれたハーブがたくさん!!

また、デザートにもとてもこだわっています。

左の真っ黒のバナナの上にアイスクリームがのっているのは、おすすめのベイクドバナナ。バナナ好きな方は、こちらのデザートにハマるそうです。

見た目が斬新ですよね。

このほかにも、赤い三つ葉が特徴的なチーズケーキは芸術的で食べるのがもったいないほど。

どのお料理も写真映えするので、お料理が運ばれてくるたびに何枚も写真を撮ってしまいますね。

食事、空間、おもてなしとどれも素晴らしく、NOAで過ごす時間はとても穏やかでありながら
優雅さも感じられる、最高のレストランです。

心もお腹も満たせる至福をNOAでは約束されるでしょう。


季節ならではの楽しみ方も

クリスマスの時期には、クリスマスツリーとイルミネーションで飾られたNOAはさらに素敵な空間となり、エストニアデザインのインテリアがその空間に彩を添えてくれます。

そしてなんと!
エストニアのタリン旧市街で、毎年クリスマスの時期に開催されるクリスマスマーケットですが、ヨーロッパ最高のクリスマスマーケット一位に選ばれたことがあるのです!

そのヨーロッパ一位のクリスマスマーケットでホットワインなどを軽く飲み、タリン旧市街の雰囲気を楽しんだ後、NOAでクリスマスディナーを過ごす時間は、生涯忘れることのない素敵なエストニア旅行・エストニア時間となり、最高のクリスマスになること間違いなしですね。

海辺の素敵なレストランNOA。
皆様もエストニアを訪れた際は是非!足を運んでみてください。

心から優雅で穏やかな時間を過ごせます。


コロナの影響

2021年9月現在
NOAでお食事の際は、COVID-19の接種証明書、回復証明書、陰性証明書のいずれかの提示が必要です。訪れる際は、ご準備ください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

今、直ぐに海外に行けるならエストニアに行きたくたまらないREDが、エストニアに来たら絶対行くべきレストランNOAの情報をお届けしました。

次回もお楽しみに!


おまけ

パソコンでホームページを表示してマウスを横に動かすと、朝から夜までのお店から見える外の景色の移り変わりを見ることができます!

何から何まで素敵な演出ですね!


NOA お店情報

営業時間
月曜日-日曜日: 12:00~23:00

住所
Ranna tee 3, 12111 Tallinn (Googleマップ)


ホームページ: nearesto.ee
Instagram: @noa_restoran
Facebook: @NOArestoran

2021年9月2日 | 2021年9月16日

Tagged in:

About the Author

RED

Writer

趣味はカフェ巡り。特技はどこまででも歩けること!好きな季節は秋と冬。特に秋の食べ物が大好きで、炊飯器にはサツマイモが常備。秋のカフェではパンプキンラテ。お月見にはお団子ということで、花より団子の赤坂が真心込めてエストニア 情報をお届けします!

View All Articles