Tere!皆様こんにちは。
暖かくなると海に行きたくなりますね。
海辺に行くと、必ず海産物が食べたくなります。
1日3食でも寿司が食べたい!ライターのMayaです。

今回は、美食家の皆様必見!バルト三国、そしてエストニア初となる
Michelin(ミシュラン)獲得したレストランをご紹介いたします。

Michelin(ミシュラン)とは、フランスミシュラン社により出版されるさまざまなガイドブックの総称ですが、日本でもよく耳にすることもあり、ご存じでいらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

ミシュランカテゴリーは、1~3つ星によって分類されます。
3つ星:特別な旅の価値がある素晴らしいレストラン(全レストランの0.9%)
2つ星:迂回する価値のある素晴らしいレストラン(全レストランの3.2%)
1つ星:そのカテゴリの非常に良いレストラン:(全レストランの17.4%)
Bib Gourmand(ビブグールマン):美味しい料理を適正価格で提供しているレストラン
Green star(グリーンスター/緑の星)持続可能な美食を専門とするレストラン


エストニアの食文化について

エストニアで最も典型的な食品は、黒パン、ニシンとサワークリーム、豚肉、ジャガイモ、乳製品です。
シンプルな農民食がメインでしたが、歴史的に多くの影響を受けており、国際的食品も今ではバリエーション豊かです。


エストニアで星を獲得したレストラン

5月25日ミシュランがついにエストニア発表し、エストニアはミシュランガイドに掲載されたバルト諸国での初受賞になりました。
ミシュランのスターは、NOA Chef’s Hall(ノアシェフズホール)と、Restaurant 180° by Matthias Diether(レストラン180°バイマティアスディーター)授与されました。
持続可能な美食への献身的な取り組みが評価され、ミシュランのグリーンスター受賞したレストランは、Põhjaka Manor(プフヤカマノル)Fotografiska(フォトグラフィスカ)です。


NOA Chef’s Hall

こちらのNOAChef’s Hallは、The “Bibs”でも受賞していたNOA(ノア)隣接しています。
レストラン・NOAと同じ印象的でモダンな建物内にあるスタイリッシュなNOA Chef’s Hallでは、タリン湾フィンランド湾を見下ろすロマンチックなラウンジで、運が良ければサンセットを眺めることもできます。
建物から空間デザイン室内インテリアまでトータルして素晴らしく、心地よく過ごせる空間になっています。
ただ料理が運ばれてきて、食べるだけではなく、実際に調理をしていることろを見せていただけることも出来ますので、食べながら、学びながら楽しめるレストランです。
贅沢食材が前面に出ており、ノルウェー産ホタテ貝やカナダ産のアカザエビなど、最高のものに応じて世界中から調達されていますが、地元エストニアの食材もその役割を果たし、クリエイティブな7コースメニューは、独創的な料理で、最初から最後までゲストを魅了し続けます。
料理だけでなく、ワインカクテルの質や内容はもちろんのことですが、説明してくださる、ソムリエの方のパフォーマンスや、コミュニケーションが素晴らしく、とにかく、おもてなしをされる素晴らしいのです。

きゅうりのカクテル 絶品です!!!

お酒が飲めない方にも、ノンアルカクテル自家製で全て作っているため、特にきゅうりカクテルさっぱりして、料理の合間リセットに”なるほどそういうことか”と、驚かされてる飲み物です!
食材の香り本当に知っているからこそ、わかることですよね!

バルト海を眺めながら、心身ともに穏やかにお過ごしいただけるご褒美時間になること間違いなしです。

< NOA Chef’s Hall> 情報

営業時間
不定休
※事前予約要
住所
< Ranna tee 3, Pirita linnaosa, Tallinn> (Googleマップ)

ホームページ: <url>
Instagram: <@noachefshall>
Facebook: <@noachefshall>

Restaurant 180° by Matthias Diether

洗練されたデザインの店内

この洗練された高級レストランは、首都Tallinn(タリン)の歴史的なNoblessener(ノブレスナー)の港地区に位置し、180°はミシュランの星を獲得したシェフ、Matthias Diether(マティアス・ディーター)氏と彼の献身的なクルーによって創られています。
海の素晴らしい景色を誇り、オープンキッチンエレガントなメニューを備え、忘れられない美食体験に加えて、視覚的美しさ喜び提供しています。

コース料理の前に、ウェイティングルームアヴァン・アミューズ(avant amuse)カクテルが出てきます。
このアミューズは、シェフ見せ所です。
そのアミューズをいただきながら、これからどのようなコース料理をいただけるのかと、さらに五感創造掻き立てられます。
そのような絶妙タイミングで、コース料理内容説明があり、料理をいただく前に、これからのコース料理がどのように奏でていく流れがわかり、さらに高揚感が高まります。
ちなみに、いつもではないですが、直接Matthias氏からもご挨拶説明がある時も!

そして、ウェイティングルームでアヴァン・アミューズを済ませると、コース料理本番
店内の真ん中180°見渡せる厨房があり、そこがシェフ達舞台です。
シェフ達の調理する姿を見ながら食せる、シェフズテーブルという席があり、そこからシェフ達料理を奏でる姿を見ながら食する時間は、この上ない贅沢ひと時です。

料理は、地元の食材をはじめ、世界から選りすぐりの食材を提供していることはもちろんのことながら、Matthias氏インスピレーションから生み出される料理は、その見た目もさることながら、匂い食感など、一瞬にして食材の美味しさや旨味五感正しく伝わる感覚があるのです。


まさに、Matthias氏は「私たちが作る料理は、それ自体で語らなければなりません。
これは、私たちの料理の本当のスター原材料であり、過度の追加がないことを意味します
」と原則について述べているとおりです。

シェフ達料理をどのように調理しているかを間近で見ることができ、顧客とのコミュニケーション大切にされている素晴らしいレストランです。

< Restaurant 180° by Matthias Diether> 情報

営業時間
火曜日-土曜日: <18:00>~<23:00>(ディナー)
※事前予約要
住所
<Staapli tänav 4, Põhja-Tallinna linnaosa, Tallinn> (Googleマップ)
ホームページ: <url>
Instagram: <@180restaurant>

Bib Gourmandカテゴリとは

Bib Gourmandカテゴリは、高品質お得な料理(40ユーロ未満)、 つまりシンプルでありながら巧みな料理に対して授与されます。
Gourmand(グルモン)とは、フランス語美食家意味しており、Bib(ビブ)は英語でよだれかけを指します。

Bib Gourmandカテゴリに選ばれたレストラン
・NOA(ノア), Tallinn 
・Härg(ハルグ), Tallinn 
・Fellin(フェリン), Viljandi 
・Lore Bistroo(ロエビストロ), Tallinn
・Mantel ja Korsten(マンテルヤコルステン), Tallinn

MICHELIN Green Star

MICHELIN Green Star(ミシュラングリーンスター)は、持続可能美食積極的に取り組んでいる役割モデルの確立を強調しています。
Mäeküla(マエクーラ)Põhjaka Manor(プフヤカマノル)、タリンのFotografiska(フォトグラフィスカ)授与されました。

ロカボアアプローチ(地元で作られたモノを食べる)、レストランのエコロジカルフットプリント削減する取り組み、食品廃棄物リサイクル独自野菜ハーブ栽培、またはより環境配慮した美食ビジョンについてゲスト教育する取り組みを通じて、これらのレストランインスピレーションです。

2022年のミシュランガイドに含まれるエストニアのレストラン

ミシュランスターまたはビブグルマン受賞したレストランに加えて、ミシュランガイドエストニアセレクションのレストランは、下記のとおりです。

38, Tallinn
Cru(クル), Tallinn
Fii(フィー), Tartu
Gianni(ギアンニ), Tallinn
Hõlm(フールム), Tartu
Horisont(ホリソント), Tallinn
Joyce(ジョイス), Tartu
Lahepere Villa(ラヘペレヴィッラ), Kloogaranna
Lee(リー), Tallinn
Mere 38(メレ), Võsu
Mon Repos(モンレポス), Tallinn
Moon(ムーン), Tallinn
Paju Villa(パユヴィッラ), Tallinn
Pull(プル), Tallinn
Puri(プリ), Tallinn
R14(アールフォーティーン), Tallinn
Rado(ラド), Tallinn
Ruhe(ルヘ), Neeme
SMAK(スマク), Tallinn
Tchaikovsky(チャイコフスキー), Tallinn
Tuljak(トゥルヤック), Tallinn
Wicca(ウィッカ), Laulasmaa
【引用:Visit estonia

美食家の皆様、美味しいものが大好きな皆様、する皆様
新しくて洗練された料理に囲まれながら、大切な人と過ごす時間や食旅、
自分へのご褒美にも、お腹たされ、美味しいという感動記憶に刻まれるおすすめエストニアレストラン

エストニアは、食育観点からも様々体験できる素晴らしいです。
友人カップル親子ご家族で、是非エストニアへ食旅を!

今回は、ライターのMayaがお送りいたしました。
最後までお読み頂き有難うございました。

About the Author

Maya

Writer

ライターのMayaです。 世界中を旅をしても、最終的に帰ってくるのはエストニア。 趣味は、アート・建築・エストニアデザイン。 好きな食べ物は、寿司・ビリヤニ。 好きな飲み物は、マロウブルー、カラクチャイ。 好きなお菓子は、エストニアのKOHUKE。

View All Articles