Tere!

金木犀(キンモクセイ)の甘い香りを楽しめる季節になりました。
金木犀は、原種の銀木犀(ギンモクセイ)が白い花をつけるのに対し、
オレンジ色の花をつけることから、金木犀という名前になったそうです。
木犀(モクセイ)は、樹皮が動物の犀(サイ)の皮に似ていることからついたそうです。
意外な由来ですね。

一方、学名は、Osmanthus fragrans var.aurantiacus
Osmanthusは、ギリシア語の「osme(香り)」と「anthos(花)」が語源。
「Fragrans」も「芳香のある」という意味で、
甘い香りの特徴をしっかりとらえた名前がつけられていますね。
英語でも、Fragrant Oliveと呼ばれているそうです。

エストニアの秋の植物といえば、ベリーやきのこでしょうか?
エストニアに行ったら、ぜひカゴいっぱいにきのこ狩りをして、きのこのスープを作ってみたい、ライターのShannonです。


本日は、エストニアのスタートアップを語る上では欠かせない存在である、「LIFT99」についてご紹介したいと思います。

引用: Lift99ホームページ

エストニアは、現在1200以上のスタートアップがあり、エストニア経済の中でも最も急速に成長している分野の1つです。

そもそもスタートアップとは、
独自の製品やサービスを開発し、新たな価値を生み出すことで、業界全体の既成概念やビジネスのやり方を変えたり、社会に大きなインパクトを与える企業、イノベーションに根ざした企業を指します。

ヨーロッパのスタートアップに関するオンラインマガジンEU-Statups.com が2020年に出した、『TOP30: Europe`s biggest startup hubs in 2020(TOP30: ヨーロッパ最大のスタートアップハブ)』の結果によると、エストニアの首都タリンは、12位にランクインしています。

また、NimbleFinsという、ロンドンに拠点を置くパーソナルファイナンスサイトが出した、『Best Countries in Europe for Startups 2020(ヨーロッパにおけるスタートアップのためのベストな国2020)』でも、エストニアは総合ランク12位にランクインしています。

あまり目立つ結果ではないようにも思えますが、人口当たりのスタートアップ数を見ると、エストニアはヨーロッパでトップの成績を誇ります。

100万人に対するスタートアップ数が、ヨーロッパの平均が190であるのに対し、エストニアは、865という数で、なんと4.5倍になります。
Best Countries in Europe for Startups 2020で総合1位の成績を誇るドイツと比べても、2.3倍の数です。

また、人口当たりのユニコーン企業数でも、エストニアはヨーロッパで1位を誇り、これまでに7つのユニコーン企業が誕生しています。
(※ユニコーン企業・・創業10年以内で、評価額が10億ドルを超える未上場のスタートアップ企業を指す言葉)

最も有名なのはSkypeですが、
ここ数年ですと、Boltの名前を聞かれたことがある方も多いのではないでしょうか。
2021年、ZegoID.meが新たにユニコーンとなっています。

エストニアにおいて、このようにスタートアップが盛んである背景として、
意欲的な個人やスタートアップをサポートする、活気に溢れたエコシステムの存在があります。

エストニアのスタートアップエコシステムは、スタートアップを支える様々な仕組みやネットワーク、サポートする団体や企業、個人、そして政府と民間の強い連携によって形作られていますが、その中の重要なキープレーヤーの1つが、今回ご紹介する「LIFT99」です。


スタートアップのためのコワーキングハブ:LIFT99

LIFT99とは、2016年に創設された、タリンのTelliskivi Creative Centerにあるスタートアップのためのコワーキングハブです。

しかし単に仕事が出来るスペースではなく、スタートアップの創業者同士を繋げ、スタートアップの成功を支援するためのコミュニティでもあります。

スタートアップのサクセスストーリーを作り、創業者が世界を変える手助けすることをミッションとして掲げており、40以上のスタートアップが利用しています。

エストニアのタリンのおしゃれなエリア、Telliskivi Creative Center の中心地に2箇所、ウクライナのキエフに1箇所拠点を持っています。

LIFT99は、エストニアの最初のスタートアップのためのコワーキングハブであるGarage48から誕生しました。

Garage48は、2010年に6人の起業家によって設立され、中欧・東欧・中東・アフリカ全域で展開する有名なハッカソンイベントシリーズを主催している非営利団体です


ハッカソン(Hackathon)とは

ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせて作られた造語で、一般的に、IT系の企業や団体が主催し、ITエンジニアやプログラマー同士がチームとなり、短期間の間に共同でアプリやプログラム開発などのプロジェクトを進める、競争形式のイベントを指します。

2000年代半ばから後半にかけて、ソフトウェアの技術革新や開発力の向上、新たなイノベーションの手法として、世界中で急速に普及していきました。

Garage48も世界中でハッカソンが広まる中で、エストニアの6名の起業家たちによって誕生しました。
そして、創業メンバーの1人であるRagnar Saas氏によって2016年に創設されたのが、LIFT99です。

Ragnar Saas氏は、エストニアで5番目に誕生したユニコーン企業のPipedriveの共同設立者でもあり、創業間もないスタートアップに投資する、エンジェル投資家としても活躍しています。


LIFT99のメンバーになると?

タリンのTelliskivi Creative Center にある、
LIFT99が入っている建物は、旧ソ連時代の工場関連の施設だった建物を改造したもので、外壁には、ロケットが発射しているようなウォールアートが描かれており、とてもクリエイティブなデザインとなっています。

簡易キッチンがついて、コーヒーや紅茶を楽しめるダイニングのようなスペース
打ち合わせのための様々なタイプの個室や、
メンバー限定で使える部屋や固定デスクが置かれているスペース
誰でも使えるフリーのデスクがあるスペース
講演会などのイベントが行われるイベントスペースがあります。

また、所々にビーズクッションやソファがおかれていたり、
なんと卓球台もあり、リラックスして伸び伸びとした雰囲気で利用することが出来ます。

LIFT99には、利用者のニーズに合わせて様々なメンバーシッププランが用意されており、どのプランを利用するかによって、利用できるスペースや、サービスが変わります。

もちろん、メンバーにならずに、利用したい日にふらっと訪れてスペースだけを利用することも可能ですが、コミュニティのメンバーに入ると、以下のような様々なサポートを受けることが出来ます。

  • 国際的なコミュニティ
    100人を超える、国際的なLIFT99のスタートアップコミュニティに所属している高度なスキルを持った専門家と繋がることが出来ます。
  • コミュニティ限定のイベント
    国際的な起業家や投資家をフィーチャーした、コミュニティ限定のイベントに参加することが出来ます。これまでに700以上の主催イベントを行っています。
  • 投資家、アドバイザー、アクセラレーターへのアクセス
    シリコンバレーからヨーロッパにいたるコミュニティのアドバイザリーネットワークにアクセスすることが出来ます。
  • 率直なフィードバック
    タームシートについてのアドバイス、製品のUXについてのフィードバックなど、何でも相談し、率直なフィードバックを受けることが出来ます。
  • 資金調達のアドバイス
    LIFT99の創設者は、欧米での豊富な資金調達の経験を持っています。そのため、成功のための最善の決断ができるようにサポートを受けることが出来ます。
  • 法律に関するアドバイス
    LIFT99は、法律事務所と提携しているので、ビジネスに関する緊急の質問に対応する体制があります。

このように、LIFT99のコミュニティのメンバーになると、起業家同士が繋がるだけでなく、世界中の経験豊富な起業家や投資家、プロフェッショナルと繋がり、アドバイスやフィードバックを受けながら、スタートアップを成長させていくことが出来るます。

実際に多くのスタートアップが、LIFT99で成長し、次のステップへとはばたいています。

Outfunnel という、マーケティングツールのサービスを開発しているスタートアップの例をご紹介します。

ユニコーン企業であるPippedriveで、マーケティング責任者として活躍していたAndrus Purde氏。
2017年9月にPipedriveを辞め、自身で持っていた漠然としたマーケティングツールのアイディアを検証し始めます。
2017年11月にLIFT99に加入し、100件以上のユーザーインタビューを行って、アイディアをより具体的にしていきました。
そして共同創業者となる、Andris Reinman氏とMarkus Leming氏とLIFT99のコミュニティで出会い、更にアイディアがブラッシュアップされていきました。
その後、チームは9人に増え、製品も500人以上の有料顧客を持つようになり、2020年9月には、調達した資金総額は110万ユーロ(約1億4230万円)に達成しました。
Outfunnelは、さらに上を目指すために、LIFT99から次のステップに向けて離陸しようとしています。

LIFT99のホームページには、その他にも実際にLIFT99を利用し、成長したスタートアップのストーリーが載っていますので、
興味がある方はぜひご覧になってください。


エストニアのスタートアップの栄光を讃える壁

EstonianMafiaとは、世界中のどこにいても、小さくても緊密なエストニアのスタートアップコミュニティを束ねるために生まれた言葉で、この #EstoinanMafia Wall of Fame は、大成功をおさめているエストニアのスタートアップと創業者の名声を讃えるために生まれました。

まだLIFT99とGarage48が同じ組織の下にあった、エストニアのスタートアップシーンの初期の頃に始まり、2016年にLIFT99が現在のスペースに移転した後、今ある場所に飾られるようになりました。

どの企業でもなれるわけではなく、以下の条件を満たしている企業のみが、ここに飾られるという名誉を手にすることが出来ます。

  • 80-100%の年間収益成長率
  • €3M(約3億8千万円)以上の年間収益と/または€5M(約6億4千万円)以上の資金調達
  • 四半期ごとのエストニア政府への納税額が€100,000(約1280万円)以上
  • スタートアップコミュニティの利益になる大義、目的を持ち、行動している。

現在、Wall of Fameには、以下の26のエストニアのスタートアップのロゴが飾られています。
みなさん、ご存知のスタートアップはありますか?
BoltやPipedrive、Wiseといった、ユニコーン企業も3つ入っています。


Wall of Fameのスタートアップ一覧

Adcash
Ampler
Bob W
Bolt
Bondora
Cleveron
Comodule
Fiizy
Fortumo
Funderbeam
Glia
Guardtime
Jobbatical
Klaus
Lingvist
Monese
Multilogin
Paxful
Pipedrive
Planet OS
RangeForce
Scoro
Sixfold
Skeleton Technologies
Skyselect
Starship
Testlio
Toggl
Veriff
Wise(旧TransferWise)
Xolo
Zeroturnaround

※アルファベット順。
(2021/11/4現在)

LIFT99で成長し、成功を収め、そしてその知識や経験、情熱を、次のスタートアップの育成に貢献していく。
このようにしてLIFT99は、エストニアのスタートアップエコシステムの重要な基盤としての役割をはたしています。


スタートアップコミュニティの価値観

LIFT99は、単なるコワーキングスペースや、ネットワークを提供しているのではなく、人を大切にし、共に成長し、支え合う「コミュニティ」であることを大切にしていることが、LIFT99の以下の6つの価値観からも知ることが出来ます。


  • 規範や標準に挑戦する。
    定義されていないもの、未知のもの、不可能の可能性のために発展する。
  • 共にに強くなる。
    個人の成長は、共同体の成長を補う。自分の知識を共有しよう。お返ししよう。
  • 絶え間ない好奇心。
    疑問を持つことを止めない。常に質問し続けよう。
  • 自分の作品を創ろう。
    全てのことに気を配り、注意を払おう。そして最も重要なことは、「やる」こと。
  • 遊び心を忘れずに。
    馬鹿になれ。人と違うことをしよう。反抗心を持とう。自分の香りを持とう。
  • まず親切であれ。
    行動や思考による善意。自分にも他人にも親切であれ。

また、LIFT99のホームページには、このような言葉も書かれています。

“私たちは人を愛しています。人と人との繋がりを愛しています。私たちは、既存の規範に挑戦するために全力を尽くし、疑問を持つことをやめない、志を同じくする人々を愛しています。私たちは、メンバー1人1人がコミュニティにユニークな価値をもたらすことを知っており、メンバーに可能な限りの最良のサポートを提供するために絶えず努力しています。”

引用: Lift99ホームページ

志を同じくする人を愛し、メンバー1人1人が持つ可能性を信じ、彼らの成長や成功のためのサポートを惜しまないという強い想いと姿勢が、この言葉によく表れていますね。

LIFT99は、人と人のつながりこそが社会を変えるイノベーションを生み出すと信じ、単なるコワーキングスペースではなく、スタートアップのためのコミュニティとしての存在であることを大切にしているのだと思います。

この記事を通して、エストニアのスタートアップについて少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

業界や扱う製品、サービスはそれぞれ違っても、成功しているスタートアップには、それぞれに、世界や社会をより良い場所に変えたい、イノベーションを起こしたいという創業者の強い想いや、魅力あふれるストーリーがあります。

何より、自分たちの成功だけでなく、次世代を育てよう、自分たちが受けたサポートを次に繋げようという文化があることが、
エストニアのスタートアップの最大の魅力と感じます。

私自身、エストニアに出会うまでスタートアップや起業に全く興味を持ったことがありませんでしたが、一つ一つの創業者のストーリーに触れることで、すっかりエストニアのスタートアップのファンになってしまいました。

今後も、スタートアップに関心がある方には、より充実した情報をお届けし、
また、これまでスタートアップや起業に興味のなかった方でも、興味を持っていただけるように、1つ1つのスタートアップの魅力をしっかりみなさまにお伝えしていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


LIFT99 情報

住所
Telliskivi 60a/5, B-building, Tallinn, (Googleマップ)


ホームページ: LIFT99
Instagram: @lift99co
Facebook: @LIFT99co

About the Author

Shannon

趣味は海外旅行、読書、ドラマ、映画、アニメ、ミュージカル鑑賞など。 近現代史、文化芸術、教育、スタートアップに特に関心あり。 ロシア語を勉強中。好きな食べ物は、しゃぶしゃぶ、キムチ鍋、ガパオライス、Bean to Bar チョコレート。

View All Articles