Tere!こんにちは。
皆様は、サウナはお好きですか?
エストニアは、約130万人小国でありながら、スタートアップIT文化で優れていますが
北欧最先端エストニアデザイン現代アート美食まで楽しめる魅力的
です。
南エストニアサウナでは大自然の中で‘整う‘体感し、
自然共存する素晴らしさを感じ、ますますサウナ文化興味を持ったライターのMayaです。
今回は、世界ユネスコ無形文化遺産に登録されているエストニアのサウナ文化についてお伝えいたします。


大自然の中のサウナ

エストニアの人々の精神びつきがあるといわれている場所が「サウナです。

エストニア語ではSaun(サウン)、英語では皆様もご存じのとおりSauna(サウナ)とよばれ、
昔からをケアする場所、先祖繋がりのある神聖な場所ともいわれてきました。

サウナに入った後は、すっきりとして綺麗になり、安心感を感じることがありますが、
決してそれだけではなく、美しくなると信じられており、家族友人リラックスしてコミュニケーションをとれる大切な時間を共有できる場所なのです。

様々な形態のサウナ提供されており、公共サウナSPA(スパ)ホテル高級感のあるサウナ、エストニアの人々がに時間を過ごすサマーハウス(夏の別荘)にあるサウナ、農場のサウナ、市内中心部のサウナ付きアパート等、サウナを外国人も体験できる機会は沢山あるといえるでしょう。

サウナのデザインも百人百様

エストニアの人々はDIYが得意で、日常的リノベーションをする文化もあり、その腕前もプロが顔負けするレベルです。
家族で作ったという人も多く、首都の郊外自然豊かで土地の広い田舎では、手作り個性あふれるサウナが見られるでしょう。
機会がありましたら、エストニア各地サウナ巡りをしてみてはいかがでしょうか?


サウナの必須アイテム・VIHT(ヴィフト)

Viht(ヴィフト)は、サウナの中で体を叩いて刺激したり、体を綺麗にするための枝の束です。
一般的には、自分で叩くのではなく、サウナに同席している他の人にやってもらいます。

このVihtというエストニア語が最初に記録されているのは13世紀(当時のスペルはwicht)で、英語ではwhisk(ウィスク)ロシア語ではvenik(ヴェニク)フィンランド語vasta/vihta(ヴァスタ又はヴィフタ)として広く知られています。
体の血行循環改善し、筋肉痛緩和するためにマッサージをするのと同じように、今でも重要視されています。

マッサージすることで、冬季凍てついた湖に飛び込めるほど、十分にを温めることができます。
温かさ冷たさコントラストは、ストレス解消にとても効果があり、エストニアの人々は当たり前の習慣のように行っています。

Vihtは、サウナ中の空気を素晴らしい自然香りで満たし、短時間にも更に体温上昇させたり、部屋に暖かい空気を送るためにも使える必須アイテムです。

天と地が交わるTAEVASKOJAのサウナで整える

南エストニアPõlva(プルヴァ)位置する・天と地が交わる場所と呼ばれており、エストニアの中でも最も自然が豊かだとされる’Taevaskoja(タエヴァスコヤ)’ファームにある、手作りのサウナ体験させて頂きました。
まさに、の中に佇み、静寂の中で、自分自身としっかりと向き合いながら、心の中の緊張が解けていくような感覚で、心身ともにリトリートすることができます。

世界無形文化遺産・南エストニアのスモークサウナ

森を神秘的な煙が包みこむ

2014年南エストニアVõromaa(ヴォルマー)地方伝統的スモークサウナユネスコ無形文化遺産登録されました。
スモークサウナ伝統は、エストニアVõro(ヴォル)地方のコミュニティ日常生活重要部分で、
南エストニアでは特に「サウナの習慣(Vihtの作成、サウナの構築と修理、サウナでの肉の燻製)に関しての、豊富伝統を持っています。
スモークサウナは、で覆われたストーブで暖められた建物(部屋)であり、座ったり横になったりするための高い座席があり、煙突がなく、燃えるが部屋の中を循環します。
加熱されたをかけ、蒸気を含んだ熱い空気を作り出し、入浴者はVihtで体を刺激し、古い角質をこすり落とし、血行促進します。

スモークサウナの伝統は主に家族習慣発祥だといわれており、通常は土曜日に行われていますが、お祭りや家族の行事等の前にも行われ、その目的は「心と体をリラックスさせること

家の中で年配の者がサウナを準備し、子供たちも成長の過程で自然にサウナについて学んでいきます。
冬至サウナ儀式の後、本格的に始まるとされ、その後クリスマスもやってきます。

いかがでしたでしょうか?
エストニアで1番サウナに入りたくなる時期は、やはり白い雪が舞うクリスマスシーズンではないでしょうか。
12月には、サウナでゆっくりとを癒し、伝統的なクリスマス料理を召し上がったり、スパイスたっぷりの香り高いジンジャークッキーを焼き、北欧エストニアのをお楽しみください。
皆様も是非、エストニアに訪れたら、本場のサウナで体を整えてみてくださいね。

ライターのMayaがお送りいたしました。
最後までお読みいただきありがとうございました。

About the Author

Maya

Writer

ライターのMayaです。 世界中を旅をしても、最終的に帰ってくるのはエストニア。 趣味は、アート・建築・エストニアデザイン。 好きな食べ物は、寿司・ビリヤニ。 好きな飲み物は、マロウブルー、カラクチャイ。 好きなお菓子は、エストニアのKOHUKE。

View All Articles